読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になるサイトやブログをご紹介|お得情報集約ブログ

インターネット上の膨大なサイトやブログの中から厳選した良質の情報だけをご案内します。ぜひ様々なシーンの参考になさって下さい。

高齢化と膝痛

膝に爆弾を抱えている。そんな言葉を高齢者から良く耳にします。ある年齢を超えた方の場合、むしろ膝に不安を抱えていない方が少ないのかも知れません。 私たち人間の体は、もともと100年も生きるようには設計されていないのです。今や人口の2人に1人、…

花粉症とアレルギー

これからの時期、スギ花粉からヒノキの花粉へと移ります。その次は稲の花粉も飛散します。黄砂やPM2.5もやって来るでしょう。くしゃみ、鼻水、鼻づまりに始まり、猛烈な目のかゆみを伴って、日常生活はおろか、仕事や学業にさえ大きな支障を来してしまうので…

結婚って何?

結婚が全てではない。結婚は人生の墓場。永久就職。玉の輿。ジューンブライド。マリッジブルー。婚活…。結婚にまつわる言葉は数え切れません。どんな形で出逢ったにしろ、長い生涯を共にする約束を交わすのですから、自然その想いは誰もが強くなるでしょう。…

保湿の勘違い

保湿はスキンケアの基本です。しかし、丁寧にケアしていても乾燥する方が大勢います。 ほとんどの女性が、化粧水で水分を補うことが保湿だと誤解しているためでした。化粧水で保湿するという先入観を捨てなければなりません。 本来の保湿は、肌の内側にある水分を…

外反母趾

最近は小指の外反母趾も増えているようですが、基本的には足の親指が付け根から変形し、指先は人差し指と癒着し、付け根の部分が外側に突き出た格好となるため、靴などの摩擦で炎症を起こしてしまいます。ハイヒールや小さなサイズを無理に履くことで発症す…

視覚障害と血圧

花粉の飛散が最盛期を迎えています。心地の良い麗らかな春の日差しに包まれて、小鳥のさえずりに導かれるまま、のどかな田園風景ならずとも散策してみたいものです。しかし、現実には大量の花粉が飛散していて、ほんの少し窓を開けただけでも、目と鼻が大変…

ダンディズム

ダンディーと聞いて、あなたは何を思い浮かべますか。英国紳士、スーツ、お洒落でスタイリッシュ、着こなしが上手、ニヒルな二枚目、大人の男と言ったところでしょうか。 素敵に感じる男性のタイプがさまざまな様に、ダンディーと思えるイメージもまちまちで…

防災とは?

私たちは、実際に事故や病気に陥らない限り、日常の生活で殊更に“危機意識”をいだくことはありません。どんな悲惨な事件や出来事を見聞きしても、明日それが自分の身に降りかかるかも知れないとは考えないのです。東日本大震災のような筆舌に尽くし難い災害…

DHAって何?

人体に必要な脂質は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます。DHAは、主に主にα-リノレン酸と呼ばれるω-3系脂肪酸から作られる多価不飽和脂肪酸なのでした。α-リノレン酸は、海中の植物プランクトンに多く含まれています。これを食べる魚介類がDHAを多…

日本酒と杜氏と肌

杜氏(トウジ)とは、酒造マーカーなどで酒造りに従事する職人さん、または職人さんを束ねる立場の人をそう呼びます。杜氏と言う職業に就くために必要な資格はありません。但し、厚生労働省では「酒造一級」「酒造二級」と言う技能の国家試験を設けていて、酒…

ホスファチジルセリンとは?

ホスファチジルセリンとは、脳の細胞膜を形成するリン脂質の10%ほどを占める成分で、DHAを含んでいることが知られています。脳内の血の流れを良くして、記憶細胞同士の情報交換をサポートしてくれています。近年では“脳の栄養”とまで言われている成分な…

肥満による糖尿病

日本人は非常に糖尿病になりやすい体質であると言われています。糖尿病には2つのタイプがあって、肥満による糖尿病が、日本人の場合には約90%を占めているのでした。これを2型と呼んでいます。肥満が原因で、インスリンの働きが著しく低下してしまうの…

認知症と痴呆症

認知症とは、一定の症状をさしています。認知症や痴呆症と言う病気があるわけではありません。また、両者は同じ症状を言い表していて、以前は痴呆症と称していたものが、近年では認知症と言い換えられるようになったのでした。 これは、痴呆と呼ぶことがボケ…

EPAは不飽和脂肪酸

EPAとは、エイコサペンタエン酸の略で、最近ではイコサペンタエン酸と呼ぶことが多くなりました。体に良いとされる不飽和脂肪酸の一つです。魚類や植物性油に多く含まれています。 これに対して牛肉や乳製品に多く服慣れているのが、摂り過ぎると中性脂肪…

高齢者と障害者

生活弱者に対するセーフティネット。社会保障費を削減したり、大増税を行うたびに聞かされる言葉ではないでしょうか。生活弱者って誰ですか。高齢者でも高額な年金を受け取って、悠々自適な生活を送っている人が大勢います。一方で年収が2200万円に満た…

毛穴の誤解

三寒四温の季節となりました。次第に辺りが春めいてきています。つぼみも膨らんで来ました。もう直ぐ、花々が咲き競う春の訪れです。 暖冬のお陰で、この冬はそれほど乾燥肌に悩まされずに済んだ、と言う方も多いのではないでしょうか。特に敏感肌の女性には…

気付かない口臭

とかく自分の臭いには気付かないもの。さらに口臭となるとそれに輪を掛けます。体調不良や胃荒れ、ニンニク臭など原因はさまざまですが、加齢による口臭は、毎日毎日嗅がされる側はたまったものではありません。臭いの困ったところは、家族が気付きにくいと…

求人募集しても人材が確保できない!

たまには、違う話題も取り上げましょう。かつて“バブル”と言う時代がありました。空前絶後の人手不足で、「人間だったら即採用!」と皮肉るほど、ちまたでは採用担当者が血眼になって求人募集を行っていました。問い合わせの電話すら入らない中で、募集広告…

誰でも「がん」になる時代

今や、国民の二人に一人ががんになると言われています。しかも、発症する割合は高齢者ほど高く、定年を迎えた後は、驚くほど多くの方が「がん」の宣告から逃れられません。いえ、がんイコール人生の終わりではなくなりました。健康診断や人間ドッグなどで早…

乳液とクリーム、どっち?

お肌の乾燥する悩ましい季節が続いています、御顔だけではなくて、手肌や背中など、きちんとケアしておかなければなりません。 乳液とクリーム。あなたはどちらをお使いですか。両方、とおっしゃる方がおられるかも知れません。実は、この区別をされずにお使…

ダイエットの極意

ダイエットも、禁酒も、禁煙も、本能に極めて近い“人の嗜好”に関わる部分なので、成し遂げるには非常にセンシティブな問題を伴います。心は常に満たされる事を望んでいるからでした。食べるなと言われれば、無性に食べたくなる。飲むなと言われれば、飲むべ…

センナって何?

センナとは、エジプトやスーダンに自生するマメ科ジャケツイバラ亜科の植物です。インドやソマリアなどでも栽培されるようになりました。 生薬としてのセンナは瀉下剤(シャゲヤク)、つまり下剤や便秘薬として使われています。 センナに含まれる薬理成分のセン…

更年期

更年期、更年期障害は、よく耳にする言葉ではあっても、一体いつなのか、どんな状態になるのか、ほとんど理解しないままに突入してしまう方が多いようです。実際、かなりの個人差があるので、閉経はしたが更年期障害らしきものには悩まされなかった、と言う…

グリチルリチン酸ジカリウム

生薬として名高い甘草(カンゾウ)は、その名の通り、砂糖の100倍以上と言われる天然の甘みを持った高さ50mほどのマメ科の多年草です。中国東北部から中央アジア、トルコなど広い地域で自生しています。現在は、お―ストラリアなどからも輸入されるように…

ニキビの原因は皮脂じゃない?

どんなにていねいにスキンケアしていても、大人ニキビから逃れることはできません。ニキビケアが皮脂を取り除くことだと誤解されている方が多いからです。加齢による肌のターンオーバーの阻害は、確かに角質が剥がれ難くなって毛穴を詰まらせてしまいます。…

スキンケアと漢方

お肌のトラブルの多くが、ホルモンバランスの崩れによって生じているのは広く知られるところです。バランスが崩れる原因はさまざまで、無理なダイエットや偏った食生活、過労や寝不足、重い生理や病気、もちろん加齢やストレスによる代謝の阻害もあるでしょ…

エイジングケアの大敵は活性酸素

近年、美容や健康管理の基本に「抗酸化作用」や「抗酸化成分」が求められるようになりました。これは、あの悪名高き“活性酸素”に働きかけて無害化してくれる作用や成分を指しています。 では、活性酸素とはいったい何なのか。 日々、私たちは無意識に呼吸を…

カルサイト

天然に存在する鉱物の一種。炭酸カルシウムで出来ています。方解石とは、“複眼の思考をもたらす”と言う暗示で、発想を広げ、心のバランスを保つパワーストーンとされて来ました。 シジミのから抽出されるエキスは肝臓に良いとされて来ましたが、シジミの貝殻…

偏頭痛とは?

片頭痛とも書きます。頭の片側部分が激しく痛むもの、次第に片側からもう片側へと痛みの移るもの、又は全体に広がるものもあるのでした。 光や音に敏感になるなど、体の知覚の変化や吐き気・嘔吐といった症状が特徴の、さまざまな種類のある神経学的症候群で…

酵素と補酵素

コエンザイクと言う言葉を耳になさったことがあるでしょう。コエンザイムとは「補酵素」のことを指しているのでした。主役である「酵素」はエンザイムと言います。 私たちの体の中では、日々さまざまな化学反応が起きています。酵素は筋肉や臓器などを形作る…

保湿と化粧水

お肌のハリと潤いは、女性にとってのスキンケアの永遠のテーマです。「無添加」「天然100%」「国産」などをうたい、各化粧品会社の宣伝合戦は熾烈を極めています。まずは、保湿と化粧水の関係から見て行きましょう。 驚くかも知れませんが、多くの海外の国…

なぜトライアルやお試しは一週間?

スキンケアを行う上での重要な要素に、「楽しく続けられるか」と言う点がよく挙げられています。私たちの体調は、常に精神的なストレスに左右されているからでした。ほんの少し気になる事があるだけで、気分が優れなかったり、十分な睡眠が取れなかったり、…

シミを防ぐ美白成分

まず、お肌に沁みの出来る仕組みから理解しましょう。最大の原因は、何と言っても紫外線です。人間の肌に限らず、動物も植物も、皆、この紫外線から身を護るために表皮を持って“色”で防いでいるのでした。 私たちの肌を紫外線から守ってくれる色素がメラニン…

素肌の美の基本は食生活

バランスの良い食事を心がけましょう。と、呼び掛けても、これがなかなか難しい。第一には好き嫌いの問題があります。どんなに体に良いと分かっていても、毎日、大嫌いな物を食べ続けられるはずがありません。逆に、どんなに体に悪いと分かっていても、大好…

なぜ妊婦さんには葉酸が必要なの?

文字通り、葉酸は緑黄色野菜に多く含まれているビタミンB群の一種です。主に血液の中の白血球の生成に深く関わっています。動物の肝臓で活躍するビタミンB12と、よく似た働きを持っているのでした。白血球ばかりではありません。新たな細胞を作る際に欠か…

体に必須のプロテイン

スポーツ選手に限らず、最近はダイエットや美ボディ作りにプロテインを愛用する方が増えています。安価な物もたくさん出回る様になりました。ではプロテインとは何か。糖質や脂質と並んで、三大栄養素の一つとされる“タンパク質”の事でした。 体内に吸収され…

しじみの恵み「オルチニン」

現代社会において、肝臓に何らかの障害を持つ方が急増しています。強いストレスや無理なダイエット、暴飲暴食による過剰な栄養摂取、怪しげなサプリメントに医薬品の副作用など、数え上げれば枚挙に暇がありません。しかも、肝臓には神経細胞がないために、…

ビタミンCでコラーゲン?

敏感肌の方にお奨めの毛穴引き締め効果があるのがビタミンCです。ビタミンAの一種であるレチノールと違って、刺激が少なく、お肌に優しい成分と言えるでしょう。たるみや開いてしまった毛穴にも安心して使えます。 最近、どんなタイプの美容液にも必ず配合…

毛穴パックにご用心?

気になるニオイの原因には、大きく分けて2種類あります。一つは、お肌のターンオーバーが、加齢やストレス、過度なダイエットや偏食などによって阻害され、皮脂が毛穴に詰まって腐臭を放つ場合です。まずは、きちんと毛穴のケアを心掛けることが大切でしょう…

ピーリング化粧品

生理前のニキビが気になりませんか。ニキビの主な原因は、皮脂の分泌に対して、ターンオーバー(肌の角質が約28日間で入れ替わる事)が間に合わなかったり、メイク汚れや汗の汚物が皮脂の穴を塞いで、皮脂を内側に溜め込んでしまう事で起こります。特に皮…

体に大事なナトリウム

細胞外液と呼ばれる、細胞の外側の体液や、血液など中に多く存在しています。細胞の内側も含めて、ミネラルや水分量の調整をしてくれる非常に大切な栄養素なのでした。 体内にあるナトリウムの送料は体重の0.15%とされています。体重60㎏の方で90g…

ビオチンって何?

普段の食事で十分に賄えるビタミンB群の一種です。私たちの髪の毛やお肌を護る働きをしてくれているのでした。糖質やタンパク質、脂質の代謝に深く関わっています。 例えば糖質であれば、ピルビン酸カルボキシラーゼの補酵素としてその役割を支えています。…

ビタミンK

私たちが日常生活でけがをして出血したり、あるいは何らかの理由で血管が皮膚の内側で破れて内出血を起こした際など、血液は自ら凝固して大量に出血が続くことを防いでくれます。この大事な作用に深く関わっているのがビタミンKなのでした。 薬害エイズの問…

目もとや口もとのケア

なぜ目もとや口もとに油分が必要となるのでしょうか。それは顔の皮膚全体の中で常に動かしている部分だからでした。目もとは瞬きをするたびに、瞼とともに周囲の肌も動かしています。食事をしたり、会話を交わしたりと大忙しの口元も、唇や顎を動かす筋肉と…

クレンジングと洗顔料

今さらながら、この二つの役割の違いをおさえておきましょう。私たちの肌は常に代謝(ターンオーバー)を繰り返して、約24時間ごとに新しい肌へと入れ替わっています。その肌を乾燥から護るためには皮脂が、体温の上昇を抑えるためには汗が分泌されている…

高血圧を防ぐカリウム

体の中にあるカリウムの量は多くはありません。細胞の中に微量に存在していて、細胞の外側にあるナトリウムとやり取りしながら、細胞内の水分を調節して圧力を一定の状態に保つ働きをしているのでした。 また腎臓に作用して体外へのナトリウムの排出を促すこ…

クレアチンはパワーの源

私たちの体の中では、主に骨格筋の中に存在するアミノ酸の一種です。瞬発的なパワーを生み出す源として知られています。 最大の特徴は失われたエネルギーを再合成してくれることで、スポーツで消耗した体がクレアチンを摂取することで非常に早く回復するので…

コレステロール

主に脳や肝臓、神経などに存在する脂質です。体にさまざまな情報を伝えているホルモンやビタミンDの前駆体の生成には欠かせない物質で、細胞膜を構成するための原料しもなっています。 私たちが良く耳にする血液中の「LDL」は、肝臓のコレステロールを全身に…

代謝を高めるパントテン酸

パントテン酸はビタミンB群に含まれます。補酵素であるコエンザイムAの成分で、体内で行われる様々な代謝に深く関わっているのでした。 パントテン酸が不足すると、頭痛や倦怠感につながります。その一方で、ストレスを抑制するホルモンの分泌を助けたり、…

脂肪酸

私たちが良く耳にする「中性脂肪」の基礎となる炭素と水素の結合体を言います。体内では生成されない3つの必須脂肪酸は、食べ物から経口摂取するしかありません。アラキドン酸、リノール酸、α-リノレン酸で、不飽和脂肪酸と呼ばれるものでした。 健康維持や…